横浜のハローワーク

希望退職であっても、退職事由が自己都合なのか、会社の経営上の理由による募集に応じての退職なのかにより、雇用保険の支給期間、支給額が大きく異なります。自己都合による退職の場合、一般的に雇用保険の受給に際しては3か月の待機期間が設けられます。すなわち、3か月間は雇用保険が支給されない状態となります。しかし、会社の業績悪化などの会社都合による募集に応じ退職した場合は、会社の経営上の理由で退職したとみなされ、特定資格受給者あるいは特定理由受給者、いわゆる会社都合による退職扱いとなるので、通常、待機期間は設けられず、すぐに雇用保険が受給できます。

ただし、離職票の離職理由に記載されている内容によりますので、退職時に会社の人事部に確認することが必要です。ある一定の年齢に達していた場合には会社によっては、この退職理由を自己都合と記載されるケースも多いようですが、一般的に会社の業績悪化による募集に応じての退職はこのケースに該当するはずですので、ハローワークの窓口で相談することをお勧めします。

いずれにしても、会社を退職された場合は、すぐにハローワークの窓口に行って雇用保険の受給申請を行なってください。